歯科医院で受けた保険適用外の高額治療

子供の頃から歯が悪く、20代前半で早くも1本差し歯をすることになり、10年と断たないうちにその差し歯がグラグラと動くようになってしまいました。集客コンサルティングの先生に、ひと駅隣に、評判のよい歯科医院があると聞いて診てもらったところ、歯の根を支える骨が減少しているので、根を抜いてブリッジにした方がよいという説明を集患コンサルティングの先生に受けました。両側の歯は削って被せものをすることになります。ブリッジの治療には保険が適用されますが、歯医者の説明によると、天然の歯に見えるようセラミックを使うと、東京の根管治療は保険適用外になるとのことでした。笑うと見える部分だったので、迷った末に、保険適用外のセラミックを使うことにしました。抜く歯と両隣の歯で、合計3本分です。歯医者に支払った治療費は約25万円となり、ボーナスが飛んでいきました。ブリッジの治療では、歯を抜いたからといって、すぐに被せることはできません。被せた後に虫歯になったりしないよう、消毒などのケアが必要となるからです。このブリッジの治療のために、ふた月ほど歯科医院に通うことになりました。