歯医者さんは、やっぱり細い指がいい

誰しもがあまりかかりたくない歯医者さんではありますけど、それでも、人生の中で歯医者さんのお世話にならなかった、なんていう人、かなり珍しいと思います。集客コンサルティングとなった今でも残念ながら、これまで私はいくつかの歯医者さんにかかっています。今までかかった歯医者さんのなかで、この歯医者さんには二度とかかりたくない、という方がいらしたのですが、その理由は、その先生の指の太さです。集患コンサルティングも行っている総合病院のなかの歯科にかかったせいだと思いますが、聞くところによると、口腔外科が専門とか。だからなのでしょうか、よくわかりませんが、だいたいにして治療処置がダイナミックな感じでした。しかも、いくら私の口が大きいからといって、あなたのその指、何本も入れられたら、私は息ができなくなるでしょ、といった感じの太い指だったのです。私のイメージでは、大阪の歯医者さんは繊細な作業をしてくださる方と思っていたのですが、その歯医者さんはそれを根底から覆すような感じでした。おえっとなりそうになるのを、何度かこらえてそのときの 治療を終えましたけど、腕は悪くないのでしょうけど、もう二度とその歯医者さんにはかからないぞ、と思った次第です。

歯医者さんは、やっぱり細い指がいい」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。