2年前に亡くなった父は透析をしていました。

人工透析患者の父

私の父はクリニックのコンサルティングで、人工透析をしていました。2年前に亡くなりましたが、平均よりも長い25年間透析をしていました。やはり根管治療には失敗もあり、無理をしない事というか、家族が無理をさせない事、管理する事が大事だと思います。文京区新大塚で痛くない歯医者での透析は、どうしても血圧が低めになるので、もともと低血圧気味の父は、一番立ちくらみやめまいに悩まされた様です。病院へは、原付バイクで10分位だったので一人で行っていましたが、早く帰りたいのか休むことなくバイクに乗るので、いつも心配でした。天候が悪ければ車での送り迎えをしていましたが、通常も本当は送り迎えをしたかったです。

透析患者の食事制限

あと、大変だったのは、食事ですね。食事と言うよりは、父の場合は飲み物ですね。水分をあまり摂らない様にしたいのに、一番好きなものが炭酸ジュースだったので、夏などは余計に飲みたがって大変でした。でもその分余計に飲んでしまった時は、やはり体重が増えるので、食事で調整もしていました。体重計にこまめに乗って、自分で管理するのも大切だと思います。