有名病院の裏側

腎臓病患者の末路

腎臓が悪くなってきた父がいよいよ透析へ、ということになりました。幸いというべきか、できる病院が徒歩圏内にあることがよかったです。もちろん、最初はついていくことにしましたが、その後は自分だけでどうにかできるようになったようです。透析をすると当然ですが物凄くぐったりするようであり、かなりきつそうでした。しかし、しないことにはどうしても命に関わるということになりますから、これは仕方ないことでもあるでしょう。むしろ、家族からいえば血液をろ過する、というような大それたことをしても別に普通に生きていける、というのは素晴らしいことだと思っています。

透析患者の費用負担

そして、費用なのですが、これがかなり安いです。もちろん、何万円、ということではあるのですが国なり自治体なりだかから助成されています。こうした点はこの国は本当に素晴らしいと思える部分です。費用的な負担も軽いわけではないです。何しろ、毎月の支払いになります。しかし、大仰な行為の割には自己負担が安いのに驚きました。透析に通うと週に3日から病院に通わなくてはならず、勤めていた会社を辞めることになり生活は悪い意味でガラッと変わりました。働き盛りでの発症だった為、この先の事を考えると目の前が真っ暗になりました。改善したら社会復帰をと言いますがこんな状態の人間を雇ってくれる職場などありませんしバイトすら中々見つからないです。後々改善して職が見つるにせよ、それまでの生活を考えると、稼ぎも目立って多いわけでもなく貯えも少ない状況では何も解決策が見つからず、精神的にも病んでいくばかりでした。

透析患者の仕事

幸いにも実家が商売をしていたのでそこで拾ってもらいましたが、そうでない人の不安は相当なものと察します。ヘビースモーカーの私でしたが、酒・たばこを止めるように言われたのはすんなりやめることが出来ました。命がかかってくるとすんなり止めれるものです。今はまだいいのですが、年齢を重ねると通院に付き添いも必要になって来る事を考えても、家族にかなりの負担を与えてしまう事も気がかりです。この病気の完治薬ができることを祈る毎日です。

童話|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|内職 アルバイト|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|初値予想|